FACTS LIFE

2回目のロックダウンのホノルル



8月に入ってコロナ感染者数が増加の一途を辿り、減少方向がない中、3月に行ったロックダウンの2回目を27日から2週間することを決定。 今はどうしても必要な買い物、病院以外は自宅待機、仕事も家でできる人はなるべくする生活が続いている。失業保険も7月末まで週600ドルというものがあったが、一旦終了し、つい先日第2次予算が決定された。週300ドルプラス失業保険ということで、近日各自に振込が決定される模様。

ハワイ州保健局8/31正午発表によると、新型コロナウイルスの新規陽性確認者数【133人】内オアフ島107人、罹患者(コロナ感染中)【5824人】(入院中508人、自主隔離中5316人)、累計死者数【70人】新規7人となっている。東京との比較をすると、
人口10万人あたりの直近7日間の新規陽性確認者数
ハワイ州120.1人に対し、東京都は9.9人
人口100万人あたりのコロナ死者数
ハワイ州49.30人に対し東京都は26.04人
人口が少なく、また病院も少ないハワイで、この人数のコロナ感染者が出るというのは怖さも感じ、学校もオンライン、カレッジもほとんどのクラスがオンラインという状況になってしまっている。

この2週間、無料PCR検査6万人キャンペーン中で、ありオアフ島の中でその検査ができる場所をニュースでも報道している。29日は310人、30日は200人と、その数はまだまだ減りそうにもなく、2週間のロックダウンは延長されるのではという人も多くいます。そんな長期戦を睨んでか、ワイキキにある「アロハステーキハウス」は9月からしばらくの間テイクアウトも辞め休業に入ります。「アロハステーキハウス」は、日本の飲食業ゼットンの1つであり、ワイキキに他に「ジグ」、「ヘブンリー」など数店舗のレストランを持っていますが、一斉に全店休業となる。また、入院患者も増え、看護婦が足りなくなってきていることから、アメリカ本土からヘルプのための看護婦がやってくるという報道もされている。

ハワイは、気候も良いこともありアクティブに運動をされる人が本当に多いが、このロックダウン中でも運動は色々とできる。例えば ビーチパークは閉鎖しているが、海まで歩いて通るのはOK、ビーチパーク内でジョギング、サイクリング、日光浴はNG.ただ、海の中でサーフィン、水泳、パドリング、単独の釣りはOKとなっている。公園以外の近所を散歩、ジョギング、サイクリングはOKだが、6フィートのソーシャルディスタンスは必要ということになっている。

*写真はアヒ・ポキさんの許可を得て掲載しています。