LIFE

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジに新しいカタマランが登場



ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートに、新しいカタマラン「スピリット・オブ・アロハ」号がデビューした。

ホテルの目の前に位置するポート・ヒルトンから出航するポート・ワイキキ・クルーズ社所有のこの双胴船は、アメリカ領ヴァージン諸島セント・クロイ島に位置するゴールドコーストヨット社によりカスタムビルドされ、カリブ海からパナマ運河、コスタリカ、メキシコを通り38日間6,000マイル(約9,500キロ)の航海を経て2018年6月1日に最終目的地のワイキキへ到着した。

本船は、既に6月11日よりワイキキビーチやワイキキの町並み、コオラウ山脈の山々を海から楽しめるセーリングツアーに使用されている。

新しいカタマランは、現在使用されているものに代わり「スピリット・オブ・アロハ」の船名を引き継ぎいだ。新スピリット・オブ・アロハ号は全長65フィート(約20メートル)、幅30フィート(約9メートル)、最大搭載人員80人となるワイキキにあるカタマランでも最大級のものとなり、以前より大きさも搭載人数もアップグレードされた。

本船は、シュノーケルアドベンチャーや金曜夜の花火&ディナークルーズなど様々なセーリングツアーに使用される他、貸し切ってのプライベートセーリングなども楽しめる。

今回は機会があり、この新しいカタマランに乗船した。ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの目の前のポートからの出航だが、出航前にまずはカフを呼んでのブレッシングが行われた。ハワイではお店のオープンや新しい出発の際にカフを呼んで、繁栄と安全を祝う「ブレッシング」という儀式が必ず行われる。

その後、新しいボートに乗船。最大80名を収容可能という新しいカタマランは、船内もゆったりとしたスペースがある。ワイキキを後にいよいよ出発。静かに、でもかなりの速さで進んでいく。思ったより振動もなく、スムーズに沖へ進んでいくので快適。ワイキキのホテル群を後に、ワイキキ端にあるダイヤモンドヘッドの辺りまで進み、少し停船。そしてまたワイキキに戻ってくる航路だ。

海から顔を出す亀の姿を見かけたり、カヤックに乗るロコたちの姿や、他のボートが行き交う姿を見ながら帰途に就く。ヒルトン近くでサーフィンをする姿も見かけた。セーリングツアーはランチとシュノーケリングのセット、花火とディナーのセット、アドベンチャーセイルと言って、ワイキキからダイヤモンドヘッドへの往復を楽しむ3つのコースからなる。アドベンチャーセイルが一番お手頃価格で、13歳以上は1時間42.40ドル。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジで体験いただけるツアーやアクティビティおよび詳細やご予約は、こちらをご覧ください。

Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort

電話866-931-2144
ホームページHilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort

 この場所をBOOKMARKに追加



BIHI
BIHI
ハワイの最新情報をお届けいたします。