EDUCATION

プナホウスクール、4学年の高校部のオープンハウス



ハワイの新学期は8月に始まる。アメリカ本土は9月のメモリアルデーを迎えてから新学期となるが、ここハワイは少し早い。まだ暑い時期、新学期を迎えるのである。風が吹くホノルルであるが、エアコンがないと流石に暑い。公立学校は以前、エアコンがなかったが、この数年で公立学校へのエアコン導入も進められている。

プナホウスクールは8月下旬から新学期が開始。この2、3年春休みの期間を少し長くして、その代わりに、新学期の開始日を早めた。8月中旬ごろより開始となり、新学期が始まり1ヶ月弱になった頃、オープンハウスが開かれる。これはこの学期に取る科目の先生から話を聞くというスタイル。

日本の公立学校の高校生はすでに、保護者会も、学校見学もなかったように思う。ここプナホウスクールの場合9年から12年の4学年合計1700名の両親が集う。夕方6時半からの開始に多くの車がプナホウスクールに入ってくる。駐車場のスペースもなくなるため、グラウンドを急遽空けて、そこに車を停める両親たち。

1学年の授業料が2万ドル(200万)を超えることもあるせいか、とにかく親の参加率が高い。自分の子供が今回の学期で取る科目の教室に出向き先生の話を聞くこと10分、その後10分かけてキャンパスを巡り移動となる。高校の棟は固まっているものの、体育館や美術のクラスはキャンパスの反対側になるので、早足での移動。夕方から夜になるにつれて、子供のクラスへの移動で夜のプナホウキャンパスは大勢の人でごった返す状態。

10分の間で、先生の経歴、どこの大学を出たかとか、どこで教師をしていたと説明する。自分の家族の写真を見せる教師も多い。実際先生自身もプナホウ出身の人もいるし、自分の子供をプナホウに通わせている人も多い。ここを卒業し、社会で成功を収めている人も多い、そんな頃から多くの奨学金が集まるプナホウスクール、そのプナホウ愛を感じることができるのも、親たちの高い出席率でも感じることができる。

Punahou School

住所1601 Punahou Street
Honolulu, HI 96822-3336
電話808-944-5711
ホームページPunahou School

 この場所をBOOKMARKに追加