LIFE

ニューオータニ・カイマナ・ビーチホテル 5年間の改装後、リニューアルオープン!



ニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテルは、5年間にわたる全面改
装と、ウェブサイトを一新し、「2018年パイナップルアワード・ブティック・ホテル・オブ・ザ・イヤー」を受賞。それに伴いメディアや旅行業界の人たちに向け、新しいホテルを紹介しました。スイートルームの壁は、淡いブルーの色、落ち着きのある部屋に。また宝島をかいたスティーブンソンの絵も掛けられていた。

副社⻑兼ゼネラルマネージャーのCercillieux氏は 「1500万ドルを費やしたワイキキSans Souciビーチ沿いにある125室のビーチフロントブティックホテル改装には、5年かかりました。お部屋の家具やカーペット、備品、塗装をアップグレードしました。」と語った。リニューアルされた客室を見ると、大きく明るい窓は天井から床までとつながっているせいか、目の前に広がる海も、沈む夕日も目の当たりに見ることができる。

ニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテルでは、美しい2つのレストランでの特別な食事楽しむことができる。1つのハウ・ツリー・ラナイは、宝島を書いたことで有名ロバート・ルイス・スティーブンソンがその木の下で詩を書いたという歴史的背景もあり、人気のレストランです。2019年2月に開催された111ハワイアワードで「ベスト・エッグベネディクト賞」を受賞、多くの雑誌でも取り上げられている人気のメニューです。朝食が毎日午前7時から午前10時45分、ランチは午前11時45分から午後2時(日曜日は午後12時から午後2時まで)、ディナーは午後5時30分から午後9時までオープンしています。

もう1つの都レストランは、伝統的な和風の内装になっていて、プライベートの畳部屋、プライベートパーティルームもある。ここは8−10名以上からの予約となり、3、4名の場合は、ダイニングルームまたはカバナで食べることになる。今回は、そのパーティルームにて新しく登場する月替わりの都料理長オススメの4コースディナーを試食。

そのコースは、前菜、サラダ、そしてマグロのソテ、そしてメインはステーキと魚がやってきた。途中口直しでシャーベットがやってきて、最後にもアイスクリームが配られた。これだけの料理が57ドルで食べれるのも嬉しい。月がわりで若干のメニューの変更はあるようであるが、4コースディナーなのでゆっくりとお腹いっぱい食べることができる。

このプライベートパーティルームから見えるサンセットも素晴らしく、ゆったりとしたディナーを楽しむことができる。白いテーブルセットに、エメラルドグリーンが上品さを増す素敵な部屋だ。営業時間は火曜日を除き、水曜日から月曜日まで午後5時30分から午後9時まで営業だ。

The New Ohtani Kaimana Beach Hotel

住所2863 Kalakaua Avenue Honolulu, HI 96815 U.S.A.
電話(808) 923-1555
ホームページThe New Ohtani Kaimana Beach Hotel

 この場所をBOOKMARKに追加