LIFE

日本のウェディング会社エスクリがハワイに進出 直営チャペル「ハワイカイ・マリーナ・チャペル」をオープン



挙式・披露宴の企画・運営を主たる事業として日本国内に広く展開する大手ウェディング会社、株式会社エスクリのハワイ現地法人「Escrit Hawaii(エスクリ・ハワイ)」(2015年設立)は、今回、ハワイ初の直営施設「ハワイカイ・マリーナ・チャペル」をオープンした。新チャペルは、ワイキキから車で約30分のオアフ島東海岸にある閑静な町ハワイカイの中心に位置する。目の前には穏やかなマリーナが広がり、また東オアフの海岸線の絶景が望める絵のように美しいロケーションで、挙式やバウリニューアルに理想的な場所。

1,747平方フィート(162㎡)、着席人数24名のチャペルは、アットホームな雰囲気の中でのインティメイトな挙式を実現できる。紺碧の海に面したガーデンでのセレモニー、ウクレレ演奏、コーラスなどのオプションサービスもある。

プランニングは、牧師から装花、写真撮影、ドレス&タキシード(レンタル)、トランスポーテーション、レセプション会場の手配にいたるまですべてを含むワンストップサービスを用意。さらに今後は、WDIグループ(タオルミーナ、アペティート、TR ファイヤーグリルなどを経営)、シェフ・チャイ、ストリップステーキ・ワイキキをはじめとする有名レストランによるお料理サービスも提供していく予定。

株式会社エスクリの代表取締役社長 渋谷守浩は、「日本人はハワイが大好きです。毎年20万人もの人々が、挙式やハネムーンのために訪れるアロハステート 」と述べている。

当日メディア、旅行会社向けにイベントを開催。ハワイカイのマリーナには、ヨットの船着場とクルーザーがあり、そのクルーザーを利用して湾、また太平洋の海にそのまま行くこともでき、新しいウェディングの場所として期待がかかる。

株式会社エスクリについて
2003年6月に設立した挙式・披露宴の企画・実行・運営を行なう東証一部上場企業。従業員数1,146名。日本全国に31の挙式会場、2つのホテル、5つのレストラン、台湾とハワイに子会社各1社、ハワイのホノルルに直営チャペルを1堂所有している。