LIFE

今年4年目のグリーンルームフェスティバルが開催



グリーンルームフェスティバルハワイは9月7、8日の両日ハワイ発のミュージシャン、日本からのミュージシャンを迎え、2日間カピオラニのワイキキシェルでそのフェスティバルを開催した。
グリーンルームフェスティバルハワイは、このイベントを通じ海やビーチのライフスタイルとカルチャーを伝え、自分の子供たちに大切なビーチを残していきたい、そんな思いがイベント開催のコンセプト「Save The Beach, Save The Ocean』で、その開催趣旨に賛同したビーチフードショップやカルチャーショップ、またアーティストたちが集い開催されたものだ。

8日ではハワイのミュージシャンを中心に披露。サーフィンもするマクア・ロスマン、オーストラリアの3人組バンドのベイブ・レインボー。ビーチボーイズの結成メンバーの一人でもあるマイク・ラブなどのアーティストが登場。9日のアーティストでは、2015、 2016年に 2年連続で、ハワイ版グラミー賞と称されるナ・ホク・ハノハノ・アワードの最優秀オルタナティブ・アルバム賞を受賞した実力派バンド『ストリートライト・ケイデンス』が、ついにステージに立った。

Streetlight Cadence はバイオリン、チェロ、ギター、アコーディオンの4人組バンド。 2009年、当時大学生だった彼らはワイキキでの路上ライブから演奏活動を開始。それ以降、プロのバンドとして着実に成長し、ハワイを代表するフォークポップバンドとして第一線で活動中。ハワイ最高峰の音楽賞といわれる ナ・ホク・ハノハノ・アワードにて、2016,2015年の2年連続でAlternative Album 部門の年間最優秀賞を受賞。ハワイ最大の新聞社であるHonolulu Star Advertiserの2015年度最優秀グループに選ばれる。またハードロックカフェが主催する世界規模のバンドコンテストで は、2014年、2015年のハワイ代表として選出。今までにアメリカ東海岸や西海岸、そして 2015年には沖縄でのツアーを成功させ、その他数々の賞を獲得する。 Streetlight Cadence はオアフ島だけでなくハワイ諸島各地を通してイベントやメジャーなコンサートで幅広く演奏している。 彼らはフェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアを通してアメリカ国内だけでなく、世界中から10000人以上のフォロワーを獲得し、その数はさらに増加。2015年秋、LAに拠点を移しアメリカ国内、日本での活動の幅を広げている。

『ビーチクリーンサミット』には、日本で女優、モデルとして人気の堀田茜さん、有末麻祐子さんに加え、ハワイオアフ島出身のサーファーで、タレントやモデルもこなすアリッサ・ウーテンさんも参加。

また8日のアーティストは日本から。スガシカオさん、加山雄三さん、そしてトリはケツメイシが飾った。加山雄三さんのステージでは現在ハワイに住んでいるつんくさんがギターを披露。一緒にステージで曲を披露。ワイキキシェルでは椅子の席のほか、後ろ側は芝生の席があり、思い思いに皆敷物を持ってきて、小さな子供と一緒にくつろぎながらコンサートを観る人たちも見かけた。80歳を過ぎても素敵なギター演奏を披露した加山雄三さんのコンサートには、その昔の思い出を胸に地元のシニア日本人や日系人が多く集まってきていた。

Green Room Hawaii

住所2330 Kalakua Ave. #294 Honolulu, HI 96815
電話808-377-6766
ホームページGreen Room Hawaii
備考Greenroom Gallery Waikiki
International Market Place内2階
Open: Daily 10AM - 10PM

 この場所をBOOKMARKに追加