LIFE

ハワイ州 特定の紫外線吸収剤を含む日焼け止めの販売を禁止



ハワイ州政府は7月3日、サンゴ礁への有害性が指摘される物質を含む日焼け止めの販売を禁ずる法案が成立したと発表。これは米国では初の措置である。

販売禁止の対象となるのは、サンゴ礁の白化などの原因になっていると一部の研究者から指摘されている、オキシベンゾン(Oxybenzone)と、オクティノセイト(Octinoxate)が含まれている日焼け止め。本法案の施行は2021年1月1日から。

2つの薬剤は「Coppertone」、「Hawaiian Tropic」や「Banana Boat」などの有名ブランドの日焼け止めに含まれているが、医師からの処方箋がない場合は使用が認められなくなる。
現時点では、観光客が持ち込んだ日焼け止めは対象とはならない。

オキシベンゾンとオクティノセイト

日焼け防止のために配合される成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱(反射)剤がある。オキシベンゾンとオクティノセイトはどちらも紫外線吸収剤。紫外線吸収剤自体が、紫外線を吸収する際に皮膚上で化学変化を起こし、別の物質に変わる(または副産物が発生する)ことから肌への負担が大きいと言われ、日本でも紫外線吸収剤を含まない商品はいくつも販売されている。紫外線反射剤の代表的なものは酸化亜鉛と酸化チタン。

日本では環境保護の観点よりも人体への影響を考慮し、オキシベンゾンを含む製品は少なくなっているが、日焼け止めに限らず、化粧品やシャンプーなど用途は広い。禁止されていないが、経口摂取の際の毒性や、アレルギーの誘引、発がん性などが懸念され、表示指定成分となっている。

オクティノセイトは日本の製品には「メトキシケイヒ酸オクチル」または「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」と表示されており、日焼け止めに含まれる一般的な成分。日本の大手メーカーのファンデーションなどにも多く使われている。

2つの物質を含まない日焼け止め

本法案施行前から、サンゴ礁への有害物質が含まれない日焼け止めの販売も進められている。

フロリダ発の家族経営ブランド「Hawaiian Sol」は、上記の2つの物質を含まない日焼け止めを販売している。子供用やSPF8〜50の商品が数点あり、容量は6〜8オンス(170〜225g)で価格は$14〜20程度。有効成分は酸化亜鉛。100%自然由来かつ生物分解性の成分を使用している。

Raw Elements USA」も、オキシベンゾンとオクティノキセイトを含まない商品を販売している。ハワイ航空とパートナー提携をしており、今年6月に北アメリカからハワイへのフライトに搭乗するすべての乗客に、商品サンプルを配布し、機内販売も行った。全ての商品が遺伝子組換え原料不使用、動物実験不実施であり、様々な認証を取得している。ポンプ、チューブ、缶、スティックタイプがあり、SPF30。価格は$16〜20。ナノ化していない酸化亜鉛を配合。

フロリダの「Sum Bum」もオリジナル、ミネラル、シグネチャーのラインの他、ヘアケア製品なども扱い、商品数は多い。日焼け止めはローション、スティック、クリーム、スプレータイプがあり、SPF15〜70で$10〜19。酸化亜鉛と酸化チタンを配合。



BIHI
BIHI
ハワイの最新情報をお届けいたします。