LIFE

日本人によるハワイ・ランキング「111-Hawaii Award」2018年の投票開始!



「111-HAWAII AWARD」とは

111-HAWAII AWARD(ワン・ワン・ワン ハワイアワード)」は、オンライン投票によるハワイ・ランキング。ハワイのグルメ・お土産・ツアーなど45のカテゴリーから、日本・ハワイ・世界に住む日本人ハワイファンによる投票で、それぞれのランキングを決定するもの。2017年に第1回目の投票が行われ、2万5000以上の投票を集めた。同年10月6日にはハワイにて発表&授賞式を開催。最終投票結果が発表された。2017年第1回の結果発表(各カテゴリーのベスト3)はこちらから。

話題となった昨年のランキング

いくつかの注目ランキングをご紹介すると、パンケーキカテゴリーでは、1位の「ブーツ&キモズ」が、2位の「エッグスンシングス」を引き離し、堂々の1位となった。ガーリックシュリンプカテゴリー1位は、ノースショアのフードトラックの「ジョバンニズ」。2位はカフクの「ロミーズ」、3位も同じくカフクの「フミーズ」。ロコモコカテゴリーは、途中結果で1位だった「レインボードライブイン」を抜いて「アロハテーブル」が1位に輝いた。ほかにも、ステーキカテゴリーは「ウルフギャング・ステーキハウス」が、シーフードは「ニコスピア38」などが受賞した。

また、全50カテゴリーの中で、最も多い投票を集めたお店に送られる「ベスト・オブ・シャカ」には、マラサダで人気の「レナーズ・ベーカリー」が選ばれた。

2017年10月6日(金)にハワイの高級ホテル「ハレクラニ」にて開催された授賞式は、エントランスから引かれたレッドカーペットに、タキシードやイブニングドレスでドレスアップした受賞各社が集まり、アカデミー賞さながらの豪華な授賞式となった。

ランキングの結果は、「111-HAWAII AWARD ランキングブック」として日本全国の書店で発売。ウェブでは掲載されなかったハワイ在住者によるランキングも掲載されるなど、話題を呼んだ。2018年の第2回投票結果も、2019年にランキングブックとして発行される予定。

アワードを通してハワイに貢献!

アワードは単なるランキングに終わるのではなく、ハワイの環境保全への貢献も意図している。昨年のアワードでは、ハワイの自然環境を守る活動に取り組むNPO団体「KUPU(クプ)」に2000ドルの寄付金が贈呈された。日本人の投票という活動が、ハワイに自然保護の活動に生かされるという仕組みがここに具現化された。

投票ウェブサイトからPCやスマートフォンで簡単に投票することができる。同プロジェクトは、ハワイ州観光局(HTJ)公認プロジェクトとなっていて、キャッチフレーズは「あなたが選ぶ、ハワイの良いもの、良いこと」。票数によって、ハワイ地元NPO団体に寄付を実施。日本に住むハワイファンがハワイに貢献できる仕組みを提供する。



BIHI
BIHI
ハワイの最新情報をお届けいたします。